革靴と料理とラーメンと

旧ブログタイトル〜男子厨房に入り浸る〜 料理の記事よりも革靴やラーメンの記事が多くなったので、タイトル変更しました。

雪かきにおすすめのスコップや道具はこれ!積雪量に分けてご紹介

スポンサーリンク

こんにちは、yosukezanです

f:id:yosukezan1977:20181224191731j:plain

雪国の除雪に必要なおすすめのスコップや雪かき道具をご紹介します

 

雪国で各家庭に常備されている生活必需品といえば、雪かき道具です

 

しかも、スコップ一つだけとか、そんな甘い備えでは全く役に立ちません

 

スコップにも色んな種類があり、雪の降り始め、本格的な積雪時、凍結してる時など、路面によっても使い分けなければなりません

 

今回は雪国育ちで、雪かきもクソほど体験した私がオススメする、雪かき道具をご紹介します

 

とは言っても、雪が少ない地域だと必要無い道具も多いので、シーンごとのご紹介になります

 

雪の降り始め、積雪の少ない地域

 

このようなプラスチック製のスコップがオススメ

 

一度に大量の雪を寄せるというよりは、地面にスコップの先を付けて、除雪車のようにササッと雪を寄せるイメージ

 

腰を痛めないように、持ち手の柄の部分は長めがオススメです

 

積雪が5cm未満の時

 

先ほどのスコップに比べて、幅が広めのタイプです

 

これだと、一度に寄せれる雪の量が多いので、積もりかけの雪を寄せるのに重宝します

 

積雪が5cm以上の時

 

スノーダンプがオススメ

 

スノーダンプと一言で言っても、色んなサイズがあります

 

オススメなのは、接地面が広めのタイプ

 

一気に大量の雪を運ぶことができるので、とてもラクです

 

そして、自分の体格に合った大きさのダンプであることも大事

 

腰を痛める要因になります

 

大量に積もった時

 

スコップとスノーダンプの併用になります

 

まずはスコップで雪を、さいの目状に切り込みを入れます

 

切り込みを入れたら、スコップで一マスごと雪をダンプに移し替えて、雪捨て場まで移動します

 

一人だと大変なので、出来れば複数で役割分担をして作業するのがオススメです

 

こんなゴツいアイテムもあります

ワタシ的にはかなり良さそうな感じ

 

豪雪地域の場合

1日で1メートル以上積もるような豪雪地域の場合は、人力での雪かきは限界があります

 

そんな時には小型の除雪車

 

一度に除雪できるレベルは、人力と比較し計り知れません

 

豪雪地域ですと各家庭に一台備え付けられていることも珍しくないんですが、メンテナンスや保管場所の確保も必要なので、メカや自動車に詳しい方じゃないとハードルが高いです

 

ちなみに私は使ったことがありませんし、使い方もわかりません

 

ただ、除雪機の前面が非常に危険なので、小さいお子さんをお持ちのご家庭は十分注意しなければいけません

 

あと、稼働させるためのガソリンも必要ですので、ガソリン運搬の知識やノウハウも必要ですね

 

電動式もあって、家庭用の電源を使えるモデルもあります

コチラのほうが購入のハードルが低そうですね

 

車の雪寄せ

車に積もった雪はスノーブラシでササッと取り除きます

 

コツはエンジンをかけて、エアコン暖房を車内循環にで風向きをフロントガラスに当てて、一番暖かくして全開で放出します

 

車内が暖まると、自然と積もった雪も溶け始めますので、スノーブラシで取り除きやすくなるんですね

 

スノーブラシのオススメは、ブラシと柄の部分がT字形に接続されているタイプ

 

RV車やワゴンタイプの車高の高い車用ですが、小型車や軽自動車にもオススメ

 

一気に寄せれる範囲が大きいので、ストレスが少し減ります

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

今回は雪国ならではの除雪アイテムのご紹介をしました

 

今シーズンは暖冬と言われているものの、昨シーズンのように急なドカ雪が降らない保証はどこにもありません

 

雪国では必携のアイテムばかりですが、都心部でも万が一のために常備しておいても損がないものばかりです

 

まぁ、除雪機の需要はほぼ無いと思いますので、ちょっと例外ですが・・・

 

もしもの時の備えにいかがでしょうか?

 

 

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました