男子厨房に入り浸る 〜料理や調理器具などの紹介〜

アラフォー男子の料理日記。料理や調理器具なども紹介してます。

楽天ポイントでお得に購入したトリッカーズバートンを鏡面磨きする

スポンサーリンク

こんにちは、yosukezanです

f:id:yosukezan1977:20190603235718j:image

スーツでも使えるトリッカーズバートンを鏡面磨きでピッカピカにしてやったのだ

 

私が10代〜20代くらいの頃、大人気だったブーツと言えば、レッドウイングのアイリッシュセッターです

 

アメリカ生まれのワークブーツで、オイルドレザーと白いソールのとっても無骨なカッコいいブーツ

 

憧れましたね〜 

 

なんつっても、ダウンタウンの浜ちゃんが番組で履いてたのが印象的で、色落ちしたジーンズとスカジャンで、アメカジをオシャレに着こなしてました

 

いや〜、カッコよかった!

 

そして、影響のある芸能人が着こなすことで、我々一般庶民にもブームはやってくるわけで・・・

 

あっちを見ても、コッチを見ても、浜ちゃんだらけ

 

みんなアメカジ、しかもコキタナイ

 

でも、それがカッコいいと思ってました

 

ジーンズなんて何ヶ月も洗わないで、寝る時まで履いて、挙げ句風呂場で太腿の部分を擦って、自ら色落ち加工を施す始末

 

アイリッシュセッターも、紐をユルユルにして、靴べらなんか使わない

 

毎日洗ってるのはTシャツと下着くらいで、多少の汚れは「味」として許容する

 

そして今・・・

 

もはや許容できん!

 

そんな思い出に終止符を打ちながら、当時もう一つ欲しかったブーツに思いを巡らせました

 

それが、トリッカーズのカントリーブーツ

 

www.yosukezan1977.com

 

当時、アイリッシュセッターは3万円台だったと思うけど、トリッカーズは5万くらいしたかなぁ

 

でも、近くに売ってないし、憧れの存在で有り続けました

 

そしてアラフォーとなった今、欲しくなるのが若い時に手に入らなかったアイテムの数々というのは言うまでもありません

 

楽天ポイントが貯まってましたので、楽天市場で並行輸入品のバートンをついに購入しました

 

www.yosukezan1977.com

 

ブーツじゃないの?と言われそうですが、スーツスタイルが多いことと、履き慣らすまで時間がかかるカントリーブーツを許容できる自信がないということで、短靴のバートンになりました

 

トリッカーズバートンを磨く

今回はこちらの道具を使って磨きました

 

磨き終わるまでのタイムも測ってみましたよ

f:id:yosukezan1977:20190603235734j:image

 

汚れ落とし

まずは馬毛ブラシで全体をササッと払い、ホコリやゴミを除去します

f:id:yosukezan1977:20190603235753j:image

 

ステインリムーバーを布切れに2〜3滴垂らして、円を描くように全体を優しく擦ります

f:id:yosukezan1977:20190603235802j:image

 

靴クリーム塗布

ステインリムーバーですっぴんになった革に、ペネトレイトブラシを使ってアニリンカーフクリームを塗布します

 

細かい部分まで念入りに

f:id:yosukezan1977:20190603235811j:image

 

豚毛ブラシを使って、クリームを革に擦り込むように磨きます

 

豚毛ブラシとペネトレイトブラシは、靴の色によって変えたほうがいいので、複数所有してるとやりやすいです

f:id:yosukezan1977:20190603235821j:image

 

靴磨き終了

豚毛ブラシでブラッシングの後、丸めたストッキングで全体を優しく磨き上げます

それだけで、キレイな光沢と艶が出てくるのでオススメ

 

ここまでの所有時間は約16分

写真を撮りながらなので、上々の結果と言えるでしょう

f:id:yosukezan1977:20190603235834j:image

 

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

 

鏡面磨きスタート

2種類のワックスを使って鏡面磨きに入ります

 

最初は左のブートブラックのワックス(柔らかめ)を使って下地を作り、その上からKIWIのパレードグロス(硬め)でコーティングします

 

わからなければ直ぐにググって、色々と試してみることが大事ですね

f:id:yosukezan1977:20190603235845j:image

 

ワックスは指で塗り込んで、その上から水を2〜3滴垂らしてネル生地で磨きます

 

磨くコツは、決して強く擦らず、優しく円を描くようにすることです

 

強く擦ると、せっかく塗布したワックスが取れてしまいます

 

もう一度やり直しになっちゃいますので、気を付けて!

f:id:yosukezan1977:20190603235854j:image

 

ワックス1層目

まぁ、それなりにピカピカですね

少し足りない感じです

f:id:yosukezan1977:20190603235903j:image

 

ワックス2層目

光の加減もありますが、だいぶ鏡面になってきました

もっとピカピカにしたいのが本音ですが、こんくらいで良しとしましょう

f:id:yosukezan1977:20190603235913j:image

 

完成

いかがでしょうか?

左右の光加減が若干違いますね

 

写真右の左足の方が、ピカピカです

両足揃えるのは本当に難しいですね

f:id:yosukezan1977:20190603235927j:image

 

斜めからのアングルだといい感じの光沢になりますね

f:id:yosukezan1977:20190603235718j:image

ちなみに、鏡面磨きまで全て終わると、開始から50分経過してました

鏡面磨きは時間がかかるぜ!

 

www.yosukezan1977.com

 

www.yosukezan1977.com

 

最後に

トリッカーズのバートンは、イギリスの皇室御用達、いわゆる「ロイヤルワラント」という称号が与えられています

 

こんなに無骨で荒々しいシューズがなぜ?と思うとこですが、実はトリッカーズにはフォーマル用のラインもありますし、そちらのラインならなるほどと思うとこですね

 

デザインは無骨ですが、質実剛健で頑丈で質の良い革を使っているバートン

 

鏡面磨きにすると爪先の飾り穴も相まって、とっても魅力的な表情になります

 

ジーンズやカジュアルウェアだけじゃなく、スーツにも合わせることのできるフルブローグのバートン

 

皆さんのワードローブにも1足加えてみませんか?

 

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。