男子厨房に入り浸る 〜料理や調理器具などの紹介〜

アラフォー男子の料理日記。料理や調理器具なども紹介してます。

ライザップショック!会社は?責任は?株価の行方はどうなる?

こんにちは、yosukezanです

 

ライザップショック!今後会社はどうなるのか?経営陣の責任は?株価の行く末は?

 

 

今回の記事は今までと全く違うテーマでお送りいたします

 

今をときめく新進気鋭のベンチャー企業、ライザップが2019年3月期通期の業績予想を修正し、純損益と営業損益が赤字となる見通しを14日に発表しました

 

純損益は5月時点での159億円の黒字から70億円の赤字に

 

営業損益は230億円の黒字から33億円の赤字に

 

瀬戸社長は1年分の役員報酬を全て返上するそうです

 

ライザップは、短期間で筋トレと食事指導を集中して行い効果的なダイエットを実現することで、ユーザーの支持を集めてきた会社です

 

多くの芸能人やタレントがCMに起用され、ダイエット前後の映像を流すことで視覚的にも魅せる広告を打っていました

 

 

最後に訴求ポイントをちょっとだけ入れるくらいで、言葉を少なく視覚的に訴えかけるキャッチーなCM

 

そんな好感度も悪くなさそうな企業が、これほどまでに業績予想が狂うとは正直経営者の手腕を疑います

 

決して本業のボディメイクやゴルフの業績は悪いわけではないのに、何がここまで業績を悪化させたのか

 

負ののれん

企業がM&Aによる買収をする時、買収対象企業の公正純資産額より買取価格が低い場合、その差額が利益として計上されるということです

 

要は通常価格よりもお得に買えたことで、その差額が経理上では営業利益にあたるということらしいのです

 

詳しいことは私も簿記に疎いのでわかりませんが、そのようなことらしいです

 

実はライザップは業績の悪い企業を安く買収し、業績を改善させることで利益を生む体制を目指してましたが、最近では業績を回復させる前に買収を繰り返していたようです

 

買収した企業を利益の生む体質に変えて、さらにシナジー効果を発揮するのが通常の姿

 

ライザップの場合は、最初はシナジー効果を発揮すべく買収を行っていたものの、負ののれんが生み出す経理上の利益計上に目がくらみ、買収企業の調査もソコソコに数字だけを追い求めてしまった結果ではないかと(あくまで推測ですが・・・)

 

結局、赤字の会社を買収するので経営を改善させないと赤字のまんま

 

買収がゴールで、根本的な対策を疎かにしたツケが回ってしまったのではないかと・・・

 

今後の会社の行く末が非常に気になるところでございます

 

ライザップが業績を好転させるポイント

私は経営については素人ですので、詳しいところはわかりません

 

ですが、本業のボディメイクが世の中にあれだけの影響を与えた企業であることは間違いありませんし、瀬戸社長はある意味素晴らしいリーダーともいえます

 

ですが、経営者としては非常に残念な結果となってしまいました

 

まずは経営を立て直すことが最重要課題だと思います

 

プロ経営者松本晃氏の存在

今年6月に、前カルビー会長兼CEOの松本晃氏がライザップグループに移籍しました

 

その後、買収による拡大路線を主張する現経営陣と、収益を上げられる事業に絞り込む選択と集中を唱える松本氏が激しく対立し、10月1日に松本市がCOO(最高執行責任者)から外れる事態になりました

 

しかし松本氏は、「瀬戸社長との間に対立はない。一方、経営者との間では対立は存在するがこれは健全な対立」と主張し、買収した各社の資産をしっかり調べて成長戦略を作ったほうがいいとアドバイスしたとのこと

 

成長を唱える瀬戸社長に対し、足元を固めて進むべきと進言した松本氏の存在は非常に大きい

 

そして松本氏いわく、瀬戸社長は才能があり人間的魅力がある。より良い経営者になって欲しいと願っています

 

瀬戸社長の人間性に惚れて移籍したプロ経営者松本氏の存在が、今後のライザップグループの行く末を担う大きなポイントなのは間違いありません

 

原点回帰

ライザップのボディメイクは、筋トレと食事指導というごく当たり前の組み合わせです

 

しかし、パーソナルトレーナーが親身になって細かく指導することで、効果的で短期間のダイエットが可能です(ここが同業他社との差別ポイントです)

 

一般の方はもとより、多くの芸能人にも成果が出ていることは周知の事実です

 

そして、科学的なトレーニングは前ミドル級世界チャンピオンの村田諒太選手に代表する多くのアスリートにも取り入れられています

 

ライザップは一般的な2ヶ月間で16回の「シェイプアッププログラム」で、

入会金 50,000円 + コース料金 298,000 = 348,000円(税別)

 

一見非常に高いように見えますが、例えば月10,000円で3年間ジムに通ったとすると360,000円

 

短期間で確実に痩せる可能性が高いライザップと、ダラダラと3年間ジムに通い痩せる保証もなく幽霊会員になりかねない一般のジム通い

 

どちらが効果的なのかは明白ですし、ライザップではマンツーマンで筋トレと食事指導も直接受けることができます

 

そして、ダイエットに一番の大敵は「自分に対する甘え」

 

トレーナーが常に叱咤激励することで、甘える暇なんて与えません

 

そんなビジネスモデルを確立したライザップは、経営の方向性さえ間違わなければ素晴らしい企業として歴史に名を残すポテンシャルを秘めていると思います

 

不採算事業の撤退

ライザップグループには現在70社を超える企業が名を連ねてます

 

そのほとんどがM&Aで買収した企業ですが、中には不採算事業が解消されずシナジー効果も発揮されない企業もあります

 

事業が好転しない不採算事業であれば早期に売却しなければなりませんし、多角的な視点を持った経営層が必要であります

 

そのためには社外取締役の招聘やユーザーの声にもっと耳を傾ける必要もあります

 

最後に

最後は希望的観測も含めたものになりましたが、ビジネスモデルを確立し拡大路線を歩もうとしたライザップは決して間違っていないと思います

 

ただ、目的に対するアプローチの仕方を間違っただけで、自身の顧客には不利益を与えていません

 

まぁ、株主としては裏切られた感が強いですが

 

あ、そうなんです、私「ライザップ」の株主なんです

 

ですので、とっても複雑な気持ちで見てます

 

会社は応援したいんですが、株主としてはとんでもない含み損を抱えている状態

 

以前テレビで瀬戸社長を見て素晴らしい方だなと思ったので、健康コーポレーション時代から株を保有してたんですが、勘弁してくれという感じです

 

投資は自己責任なので半分諦めていますが、この感情はなんでしょうね

 

松本氏が関わったことで、経営に軌道修正をして復活してもらいたいものです

 

ということで、本日も最後までお読みいただきありがとうございました