男子厨房に入り浸る 〜料理や調理器具などの紹介〜

アラフォー男子の料理日記。料理や調理器具なども紹介してます。

ロイドフットウェアVシリーズのプレーントゥはオンオフ万能の優等生

こんにちは、yosukezanです

f:id:yosukezan1977:20180624184204j:image

ロイドフットウェアVシリーズのプレーントゥを磨きました

 

革靴を購入するにあたって、一番最初に手に入れるべきなのはプレーントゥです

 

プレーントゥはオンオフで使えるだけでなく、冠婚葬祭でも履くことが出来ますし、飾りも少ないので靴磨きもしやすい

 

お手入れがしやすくて使いやすい、リーガルのプレーントゥが売れ続ける訳です

フォーマルな位置にあるストレートチップも非常に使える革靴ですが、ジーンズやチノパンなどのカジュアルには使いづらい

 

なので、最初に買う靴、そして2足目3足目と買い揃える時に万能性を求めるなら、やっぱりプレーントゥが一番いいんです

 

そんな私が愛して止まないプレーントゥですが、銀座にお店を構えるロイドフットウェアで購入したVシリーズを磨きました

 

今回は靴磨きした時の失敗事例とともにご紹介しますね

ロイドフットウェアVシリーズプレーントゥ

磨く前のVシリーズ

光が鈍くなっていてイマイチな状態です

そりゃそうです、3ヶ月ほど磨いてないので当然です

f:id:yosukezan1977:20180624184220j:image

 

まずは紐をほどきます

外羽根式の靴を磨く時はすべて外します

 

内羽根式に比べると磨きやすいですし、履くときも紐の強弱で調節しやすいので手放せません

f:id:yosukezan1977:20180624184238j:image

 

馬毛ブラシでブラッシング

大きめサイズの馬毛ブラシを使います

私が使ってるのはメガホースブラシ

 

一回で広い面積をブラッシングできるので、とても使いやすいです

 

今まではコロニル製の馬毛ブラシを使っていて、そちらも使い勝手がいいんですが、ブラシを育てる意味も込めてメガホースブラシを使ってます

f:id:yosukezan1977:20180624184259j:image

ステインリムーバーで汚れ落とし

靴クリームを塗布(とふ)する前に、ステインリムーバーで汚れを落とします

 

スコッチグレインですとステインリムーバーの使用を控えるように注意書きがあるんですが、クリームを塗布する前に靴をスッピンにするためには、ステインリムーバーが必要です

f:id:yosukezan1977:20180624184342j:image

汚れを落とした直後です

くすんだ色合いで、とてもこのままでは履けません

 

靴磨きをし続けると、中途半端に磨いた靴は恥ずかくなるんですよ

なんか、自己満とかナルシストに近いような気がする

f:id:yosukezan1977:20180629010543j:image

 

アニリンカーフクリームを塗布する

黒靴には黒の靴クリームを塗布するんですが、今回はあえて透明のアニリンカーフクリームを使いました

 

アニリンカーフクリームは、ブラッシングでしっかり艶が出るのと、革に栄養を与える意味でもたまに使います

 

まぁ、黒でも透明でもあまり変わらないといえばそれまでですが・・・

f:id:yosukezan1977:20180624184417j:image

豚毛ブラシでブラッシング

黒靴には平野ブラシを使います

 

単純に黒の豚毛を使ってるからだけなんですが、しっかりと植えられたコシのある豚毛が、余分なクリームを取り除きながら艶を与えるので、非常に使いやすいです

 

そして適度に大きい

 

ブラシ類はケチケチせずに、大きめサイズのものを選んだほうが、長い目で見るとコスパが高いですね

f:id:yosukezan1977:20180624184454j:image

ポリッシンググローブで磨く

豚毛ブラシでのブラッシング後は、ポリッシンググローブを使って優しく磨きます

 

優しく円を描くように、時には少し強めに、艶が出て光ってきたら成功です

 

ポリッシンググローブが無ければストッキングで構わないんですが、男子はポリッシンググローブを買いましょう

 

男性がパンストを買いに行くと変な目で見られます

f:id:yosukezan1977:20180624184507j:image

ポリッシンググローブで磨いた直後

鈍い光を放ちながら佇んでいるVシリーズです

 

Vシリーズは英国靴のバーカー(BARKER)製らしく、品質的には何の問題も無いし信頼が置けます

f:id:yosukezan1977:20180624184518j:image

靴紐のプレゼント

ロイドフットウェアで革靴を購入してから3ヶ月程経過すると、お店からメッセージカードと靴紐が送られてきます

 

ロイドフットウェアの靴と顧客に対する愛情が感じられるサービスです

f:id:yosukezan1977:20180624184608j:image

 

せっかくですので、新しい靴紐に替えてみました

心なしか、シュッとした感じがする、気のせいか?

f:id:yosukezan1977:20180624184204j:image

 

正面から見てもかなりいい感じです

f:id:yosukezan1977:20180624184626j:image

 

鏡面磨き

f:id:yosukezan1977:20180624184640j:image

 

いつもどおり布にワックスを付けて塗り込みます

f:id:yosukezan1977:20180624184651j:image

 

ワックスを付けたら水をちょんと1滴垂らしてさらに磨きます

円を描くように優しく、前後に手早く、シュシュッと磨きます

 

するとどうでしょう?

ピカピカに光ってきたではありませんか!

 

 

 

・・・普通だったらね・・・

 

 

何と、このVシリーズは何度鏡面磨きをしても光らないんです

しかもどんどん艶が無くなって、表面のワックスがボロボロと剥がれてきて

 

他の靴と同じように磨いてるんですが、全くうまくいかない

なんでだろう、本当に悔しいんですよ

 

多分私の腕が悪いせいかと思いますが、理由がわからない

f:id:yosukezan1977:20180624184701j:image

 

屋外で撮影

仕方ないのでワックスを一度ステインリムーバーで落としてから、通常の靴磨きを敢行しました

 

まぁ、適度な光加減で、これはこれで満足なんですよね

特にカジュアルに合わせる時に光沢は合わないので、このくらいが丁度いい

 

でもね、うまく光らせれなくて

悔しいです!

f:id:yosukezan1977:20180629201400j:plain

yahoo!検索(画像)より引用

f:id:yosukezan1977:20180629000450j:image

 

最後に

まぁ、鏡面磨きは合う靴も合わない靴もあって、Vシリーズは結局うまく行かなかったんですが、靴としての性能は素晴らしいです

 

雨でもダイナイトソールのおかげで気にしないで履けるし、革も水染みが少ないので多少の汚れはブラッシングや靴磨きで復活

 

そんな天候に左右されないロイドフットウェアVシリーズは、サラリーマンの足元を守る存在として、ジーンズなどに合わせれる上質な靴として最高です

 

そんなポテンシャルの高いロイドフットウェアVシリーズ、多くの方にお試しいただきたいですね

 

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

 

本日も最後までお読みいいただきありがとうございました