男子厨房に入り浸る 〜料理や調理器具などの紹介〜

アラフォー男子の料理日記。料理や調理器具なども紹介してます。

鶏胸肉の塩麹漬けリターンズ❗ハマりにハマる万能調味料塩麹の巻

こんにちは、yosukezanです。

 

ダイエットにも最適な鶏胸肉を塩麹で漬けました。最近ヘビロテ中なのだ❗

 

ブッブッ、ブッブッ、ブッブッ、ブッブッ、チャーチャラッチャッチャッチャチャーチャー、チャーチャチャッチャー♫

 

なんのこっちゃ?

 

この意味のわからない言葉の羅列が分かった人は、相当トレンドに敏感な人でしょう。

 

正解は「ライザップ」のCMの音です。

 

意味が分からない?

そうです、意味が分からないんです。

正確に言うと、意味が分からなかったんです。

ダイエットにはお肉を食べるのがいいってことを❗

 

昔、ダイエットと言えば、朝にバナナを食べたり、リンゴダイエットだったり、果ては食事制限で無理に食べずにストレス溜めたり・・・痩せてはリバウンドってのが定番だったような気がします。

 

私も社会人になってお酒を飲むようになったら、少しずつ緩やかに体重が増えて、なかなか落ちなくなって早◯年になってしまいました。

 

そんな時に、テレビCMで目にしたライザップの効果を見て、筋トレと食事でこれほど痩せるのかと正直ビックリしました。

 

なぜかというと、筋トレ=体重増加でマッチョなイメージが強くて、出来るだけ避けていたからです。

 

そして、学生時代のスポーツのイメージで、激しく動いたらちゃんと米(炭水化物)を食べるという、とても非科学的な考えを持っていたのも事実です。

 

筋トレと食事、この2つが合わさると短期間で物凄い効果を生み出すんですね。

まさに目からウロコでした。

 

でも、なかなか時間が無くてジム通いも出来ないのが現実です。

 

じゃあ、少し食事に気を使って、ヘルシーにタンパク質が取れてお腹も満足できる料理を考えました。

 

 

鶏胸肉の塩麹漬けを2種類作りました、レシピです。

レシピ1
  • 鶏胸肉1枚
  • 味噌大さじ1
  • ミリン大さじ1
  • 塩麹大さじ2
レシピ2
  • 鶏胸肉1枚
  • 塩麹大さじ3

 

では写真を見ながら作り方を・・って、前にレシピ一回発表したよね、yosukezan❗

 

ウッ、、、スミマセン、バレた・・・

f:id:yosukezan1977:20171114190231j:image

 

まずは、鶏胸肉を2つ用意してそれぞれ容器に入れます。

そしたらフォークで全体をブスブスブスブス、ストッパー毒島(知ってる?)

f:id:yosukezan1977:20171114190242j:image

 

本日使った秋田の安藤醸造さんの寒こうじです。

旨味と塩気と甘みが混ざりあって、パンチの効いた超絶万能調味料です。

f:id:yosukezan1977:20171114190307j:image

 

すんごい粘り気の強い麹です。

分量を計るために計量スプーンに乗せましたが、逆さにしても落ちてきません。

f:id:yosukezan1977:20171114190327j:image

 

レシピ1の味噌、塩麹、ミリンを一つの器に入れました。

f:id:yosukezan1977:20171114190316j:image

 

スプーンでこの状態になるまで混ぜましょう。

ちょっと味見しました。

しょっぺー(しょっぱい)❗・・・大丈夫か?

f:id:yosukezan1977:20171114190404j:image

 

スプーンで鶏胸肉全体に塗り込んでいきます。

皮目にもしっかりとね。

f:id:yosukezan1977:20171114190412j:image

 

コチラはレシピ2塩麹オンリーのほうです。

ネバネバのクセが強いんじゃ

f:id:yosukezan1977:20171114190420j:image

 

鶏胸肉全体に塗り込んでいきます。

f:id:yosukezan1977:20171114190429j:image

 

これで、鶏胸肉の塩麹漬けの準備が整いました。

 

容器に蓋をして冷蔵庫で寝かせていきます。大体2日か3日くらいで味が染みて美味しくなります。

 

塩麹で漬けると、酵素がお肉にはたらいてとっても柔らかくなります。

 

それと、塩麹自体にある旨味と塩気と甘み、ミリンの甘みがお肉に伝わって、とっても深い味わいになります。

 

どうやって食べるのか。
  • 私はフライパンに少量の油を敷いて、皮目に焼き色が付くまで焼きます。
  • その後、裏返して軽く焼き色が付くまで焼いたら日本酒を大さじ2杯程度フライパンに流してすぐに蓋をして8〜10分程度蒸し焼きにします。
  • その時は必ず弱火にしましょう。
  • 火加減が強いと、麹がすぐに焦げてしまうので、気をつけてくださいね。
  • お肉が焼けたらまな板に乗せてカットして、またフライパンに戻して、残っているタレと軽く絡ませたら出来上がりです。

 

お酒とご飯にバッチリ合う、柔らかお肉料理の出来上がりです。

でも今回のは麹をちゃんと落とさなかったので、心配したとおり、しょっぱくなっちゃいました・・・

 

ワンポイントアドバイス
  • お肉をフライパンで焼く前に、必ず麹を落としておきましょう。でないとしょっぱすぎて血圧がビョーンと上がっちゃいますよ。
  • 慣れてくれば麹を落とす加減もわかってきますので、何度かトライしてみましょうね、私含めて。

 

塩麹は万能であることが今回の料理でも証明されました。

 

で、発酵食品でお肉を漬けると、ビックリするくらい美味しく柔らかくなることも知ってしまいました。

 

そういえば前にタンドリーチキンを作った時もヨーグルトで漬けたので、発酵食品とお肉のコラボは万国共通なんですね。

 

体に良い発酵食品がたくさんある日本に生まれて、良かった〜。

また、ステキな発酵コラボを見つけたらアップしたいと思います。

 

別の日の記事で出来上がりの写真を載せてますので、よろしかったらどうぞ。

安藤醸造さんの寒こうじ通販もコチラからアクセスできます。

www.yosukezan1977.com

 

 ちょっと考えてみて欲しいのはコチラ。スメルハラスメントを防止して人間関係も円滑に行きたいですね。

www.yosukezan1977.com

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。