男子厨房に入り浸る 〜料理や調理器具などの紹介〜

アラフォー男子の料理日記。料理や調理器具なども紹介してます。

鶏もも肉のソテー❗フライパン1つで出来る簡単フレンチをどうぞ

こんにちは、yosukezanです。

 

「ル・マンシュ・トゥー」谷昇のおいしい理由。フレンチのきほん、完全レシピを買って、作ってみました。

 

普段は時間をかけずに料理をちゃちゃっと作って、美味しいな〜 と感じるのが好きな私でして、滅多なことでは料理本を購入することはございません。

 

料理のレシピなんて、ネットを探せばいくらでもありますし、クックパッドを見ればもはやレシピ本は必要無しとさえ思ってしまいます。

 

一昔前はそんな便利な世の中になるなんて、考えもしなかったですね〜。

お金をかけずに手元でチョンチョンってクリックすれば、色んな情報が手に入ります。恐るべしテクノロジーの力・・・

 

ある程度通信料にお金がかかっても、それ以外の情報ツールである本や雑誌を買わないと考えると、キャリアの携帯を契約しててもしゃーないのかな・・・

自分で自分を納得させてます。

 

そんな私ですが、本屋さんに行くと真っ先に行くのが料理コーナーです。

 

そこで見つけた料理本を立ち読みしたら、お肉の基本的な焼き方を詳しく書かれていたため私の琴線に触れて購入するに至りました。

「ル・マンシュ・トゥー」谷昇のおいしい理由。フレンチのきほん、完全レシピ

それがコチラです。

f:id:yosukezan1977:20171123213238j:image

東京・神楽坂の住宅街に1994年にオープンした「ル・マンジュ・トゥー」のオーナーシェフの谷昇シェフが、フライパンや鍋で家庭で簡単に出来るフレンチを紹介する料理本です。

 

鶏もも肉のソテー

その中の鶏もも肉のソテーを作りました。

 

骨付き鶏もも肉を使うんですが、スーパーで安く買える手羽元を使ってみました。

同じ骨付きなので、大差ないでしょう。

 

レシピ
  • 手羽元8本
  • ジャガイモ3個(一口大にカット)
  • コショー

 

まずは、身の部分に塩を振って15分〜30分ほど寝かせます。

f:id:yosukezan1977:20171123213252j:image

 

塩です。

f:id:yosukezan1977:20171123213305j:image

 

塩を指で摘んで、お肉に振りかけましょう。

身の部分だけにかけます。

f:id:yosukezan1977:20171123213318j:image

 

寝かせたお肉を油を敷いたフライパンで焼きます。

最初に身の部分を白くなるまで焼きます。

火加減は中火より少し弱いくらいで、コールドスタートにします。

 

フッ素加工のフライパンで皮付きのお肉を焼くときは、あらかじめ熱くしておかないことが鉄則らしいです。勉強なるな😊

f:id:yosukezan1977:20171123213336j:image

 

アロゼ

身の部分が白くなったらお肉を裏返します。

皮目を焼きながら、下にたまった油をスプーンでお肉にかけながら、少しづつお肉に火を入れていきます。

 

これを「アロゼ」と呼びます。

 

フライパンを揺すりながら皮目が焦げ付かないようにしつつ、油をかけていきます。

これが結構時間かかるんですね。

でも、お肉のエキスが溶け出た油をかけることで、旨味がどんどん足されていくのです。

f:id:yosukezan1977:20171123213350j:image

 

皮目を焼いていきます。

f:id:yosukezan1977:20171123213426j:image

 

だいたいこのくらいでジャガイモを入れます。

フライパンを揺すりながら油を絡めていきます。

f:id:yosukezan1977:20171123213455j:image

 

手羽元の焼き具合がとても美味しそうです。

 

ジャガイモに竹串や爪楊枝を刺して、スッと通るようになったら塩小さじ1を全体に振りかけてオッケー👌

 

余分な油をキッチンペーパーで拭き取って、火を止めます。

 

火を止めた後にコショウを回しかけて予熱で混ぜれば完成。

f:id:yosukezan1977:20171123213513j:image

 

完成です。

お皿に盛り付ける時も、ジャガイモを下に敷いた上にお肉を乗せる徹底ぶり。

見た目も重要ですね。

f:id:yosukezan1977:20171123213528j:image

 

早速、食べましょうね。

 

一口目、優しい味・・・

噛みしめるとだんだん塩気と旨味が溢れてくる。

油の加減もジューシーさに拍車をかけて、

 

うー・まー・いー・ぞーーー!

f:id:yosukezan1977:20171123213541j:image

さすがシェフ! Vivaフレンチ

レシピ本の真髄を見せていただきました。

いやー買ってよかった。

お肉の基本的な調理方法や煮物やスープの作り方がとってもわかりやすく書かれてますので、一家に一冊いかがでしょうか。

超オススメです。

 

空いた時間でIHのお掃除

そして実はお肉に塩を振って寝かせていた15分くらいの間に、IHクッキングヒーターの掃除をしちゃいました。

クリームクレンザーの準備よーし!

f:id:yosukezan1977:20171123213558j:image

 

コンロの汚いところにチョンチョンと垂らします。

・・・汚ったねーな・・・

f:id:yosukezan1977:20171123213614j:image

 

ラップをクシャッと丸めてゴシゴシと擦っていきます。

それだけで汚れがみるみるうちに取れていきます。

f:id:yosukezan1977:20171123213652j:image

 

少し水拭きして拭き取ったら出来上がり。

超キレイになりました。

これがたったの15分で出来るんですよ❗

f:id:yosukezan1977:20171123213711j:image

 

IHクッキングヒーターオススメです。

www.yosukezan1977.com

 

今回のフレンチは中火(700w)程度しか使いませんので、卓上IHコンロなどでも十分調理ができます。

こちらのIHは家庭用の100Vコンセントで使えますので、初めてのIHクッキングにピッタリですね。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。