男子厨房に入り浸る 〜料理や調理器具などの紹介〜

アラフォー男子の料理日記。料理や調理器具なども紹介してます。

ガラスレザーのリーガル24GRは雨用靴として最適なビジネス靴

こんにちは、yosukezanです

f:id:yosukezan1977:20180405235534j:image

リーガル24GRは雨天にも対応できるガラスレザーの万能靴

 

やっと春になったのに、最近は毎日のように天気予報が雨マークです

 

晴れた日は、出来るだけ革底を履くようにしてるんですが、雨に弱い革底だとちょっとした天候の変化にも気を使う

 

なので、今日の天気怪しいな〜 って時には、今回ご紹介するリーガル24GRを履く機会がおのずと増えます

 

実はこの靴、ソールが冬仕様になってるのでグリップも抜群

 

冬でも路面に雪が少ない場合は結構履いてました

冬も終わって、これからは雨対応になるので、本格的に活躍する前にキッチリ磨きましたよ

リーガル24GRのスペック

甲革の種類

ステア(生後2年を経過した雄牛の革。丈夫でお手入れ簡単)

ガラスレザー(鏡面加工)

アッパー(足の甲を覆う多くの革の部分)に製造段階から鏡面加工を施して、光沢と汚れにくさを靴に与える

アドバン仕上げ

アッパーに薄い色を塗り、その上から濃い色を塗って表面に磨きをかけることで濃い色をを落として色ムラを出す方法

製法

セミマッケイ式・・・軽量で靴の反りが良いため、足に馴染みやすい。マッケイ製法は基本的に靴全体にソールを縫い付ける製法、セミマッケイも縫い付けだが、かかと部分だけは接着する製法

修理対応

オールソール&ヒール交換可

 

今回も靴磨きしながらいきましょう

f:id:yosukezan1977:20180405235545j:image

 

まずは、紐を外します

基本的にガラスレザーのお手入れはブラッシングしたり乾拭きしたり、お手入れ自体が非常に簡単で楽です

f:id:yosukezan1977:20180405235610j:image

 

馬毛ブラシでブラッシングします

コロニル製のを使ってますが、毛先が長いので隙間まで毛が入り込んで、しっかりと汚れやホコリがとれます

f:id:yosukezan1977:20180405235626j:image

 

ブラッシングした直後

冬期間はほぼ磨いてません

せっかくのキレイなフォルムが冴えない感じで台無しですね

ブラッシングで取り切れない汚れは乾いた布で磨きます

ステインリムーバー(汚れ落とし用薬剤)は色落ちするから推奨してませんね

f:id:yosukezan1977:20180405235638j:image

 

エム・モウブレイのミディアムブラウンの靴クリームを塗り込みます

f:id:yosukezan1977:20180405235701j:image

 

ペネトレイトブラシにちょっとずつ付けて磨きます

f:id:yosukezan1977:20180405235712j:image

 

靴クリームを塗った直後

磨く前ですのでくすんだ感じになってます

f:id:yosukezan1977:20180405235722j:image

 

ブートブラックの豚毛ブラシを使って磨いていきます

f:id:yosukezan1977:20180405235733j:image

 

こんな感じでゴシゴシゴシゴシ・・・

f:id:yosukezan1977:20180405235744j:image

 

豚毛ブラシで磨き込んだ後の状態

写真では分かりづらいですが、クリームが伸ばされてキレイになってます

これからもっと磨き込みます

f:id:yosukezan1977:20180405235755j:image

 

ポリッシングクロスで磨き上げる

そうです、これで磨かなければ光沢が出ないんです

ポリッシングクロスが無ければ使い古しのストッキングでオッケー👌

f:id:yosukezan1977:20180405235814j:image

 

靴全体をポリッシングクロスで磨いた後の状態

ガラスレザーが光を放ってます

ガラスレザーだと、ホントに仕上げがキレイです

f:id:yosukezan1977:20180405235823j:image

 

鏡面仕上げ

今日は靴の爪先を鏡面仕上げしました

KIWIのパレードグロス(ニュートラル色)です

f:id:yosukezan1977:20180405235834j:image

 

指に布を巻き付けて、クリームを薄く付けて爪先を磨きます

f:id:yosukezan1977:20180405235843j:image

 

クリームを塗ったら、水を1滴垂らして磨きます

水が乾いたらまた1滴垂らして磨く、それを繰り返すと、だんだん滑りが良くなってきて爪先が光ってきます

f:id:yosukezan1977:20180405235852j:image

 

鏡面仕上げ終了

元々ガラスレザーで鏡面加工してある革なので、ちょっと仕上げるだけですぐに鏡面仕上げになります

私はあまり鏡面仕上げは得意じゃないんですが、今までで一番簡単に仕上げることができました

ピッカピカです

f:id:yosukezan1977:20180405235902j:image

 

靴磨き完了

アイレットに紐を通して完成です

シューツリーも入れて型くずれ防止

f:id:yosukezan1977:20180405235916j:image

 

斜めから

f:id:yosukezan1977:20180405235534j:image

 

素晴らしい靴だと思います

 

でも、この靴を含めてリーガル製に多く使われているガラスレザーってどうなのよ? ってとこで、良い点やイマイチな点をご紹介します

ガラスレザー(鏡面加工)

良い点
  • 最初から鏡面加工してあるので、ブラッシングや乾拭きだけで輝きが蘇る
  • 水分が染みにくく、雨や雪に強い
  • 鏡面磨きをすればすぐにピッカピカになる
  • お手入れがラク
イマイチな点
  • 通気性が悪い
  • 加工により革が割れやすくなっている
  • 購入直後が最もキレイで、革を育てるには適さない(味が出にくい)

 

革靴にハマってくると、履いて手入れしてエイジングを楽しむというのがあります

ガラスレザーだと、それがしにくい

履き込むと革が割れてきて、色が剥げてしまうんです

 

なので、数年で使い切るとか、雨の日用とかになります

 

多くの方は数年で使い切るかと思いますが、革靴の世界に足を踏み込んだら最後、ガラスレザーの序列は低くなってしまい・・・

 

でもね決して悪い靴ではないですし、ダメになったら同じのを買おうと正直思います、コスパもいいしね

f:id:yosukezan1977:20180406201707j:image

 

写真で見てわかると思いますが、スンゴク光ります

そして雨にも強い

なので、雨の日のオシャレに最適な革靴がリーガル24GRです

 

お値段もお手頃ですし、通販でも気軽に買えるのでお試しいただいては?

 

サイズ感

ちなみに私の靴のサイズ感は、

  • スコッチグレイン 26.5cm
  • コンバースオールスター 27cm
  • パラブーツシャンボード 7.5インチ
  • リーガル 26cm

 

参考にいただければ幸いですね

 

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。