男子厨房に入り浸る 〜料理や調理器具などの紹介〜

アラフォー男子の料理日記。料理や調理器具なども紹介してます。

村田諒太戦は生ハムと野菜のオードブルをワインで流し込んで見るの巻

こんにちは、yosukezanです

f:id:yosukezan1977:20180415212857j:image

赤ワインとオードブルで村田諒太の世界戦を応援した夜

 

今日は4月15日(日)プロボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ

王者・村田諒太 対 挑戦者・エマヌエーレ・ブランダムラ 戦が行われました

 

結果はチャンピオンが8回TKO勝ちという結果になりました

 

序盤から見てましたけど、終始プレッシャーをかけ続けて、圧倒した感があります

 

ミドル級ですので、一発のパンチで試合が大きく変わる危険性がある中で、冷静で危なげない試合運びをしたチャンピオンはやはり強かった

 

ガードの上から打つストレートがとにかく強烈だったのと、効果的なボディーブローが相手の体力を奪っていたような気がします

 

最後は変則的な軌道の右ストレートが相手の顔面を捉えて、戦意を喪失するに値する強烈なダメージを与えて見事にTKO勝利

 

ついにオリンピック金メダリストが、日本人として初めてのミドル級防衛を成し遂げた瞬間を目の当たりにすることができました

 

なんか久し振りに、強すぎてサプライズも無くて、勝って当たり前の展開でTKO勝ちしちゃうっていうのを見た気がします

 

嬉しいんですよ、嬉しいんですが、村田チャンピオンが戦うのはもっと強い相手でなければ満足できない自分がそこにいました

 

勝手なこと言ってスミマセン

 

村田チャンピオンの戦い方は圧倒的なパワーとプレッシャーなので、外国選手に比べると体格的に見劣りする日本人として、とても誇らしく感じちゃうんです

 

本人の素質ももちろん大きいと思いますが、私自身の根底にはそんな思いがあるのを感じた世界戦の夜でした

 

そして、今日のお昼は秋田市にあるラーメン店「八屋」でラーメンとチャーシューライスの黄金コラボを食べてきたので、夜になってもお腹が空かない 

www.yosukezan1977.com

 

村田戦はどうしてもお酒を飲みながら見たかったので、家にあった食材とスーパーで買ってきた食材を合わせて、オードブルを作りました

 

お腹が空かない時には、こんなおつまみでワインを飲むのもオススメですね

 

オードブルレシピ(2人前)

  • 生ハム お好みの量(一口大にカット)
  • カマンベールチーズ半分(包丁で薄くカット)
  • ミニトマト5個(フルーツトマトを半分にカットして使用)
  • ルッコラ5株くらい
  • レタス1/2個
  • バゲットお好みの量

 

何てこと無い、ただおつまみを寄せ集めてオシャレにお皿に盛り付けてみただけ〜

どんだけ〜

f:id:yosukezan1977:20180415212911j:image

生ハムは、たまたま頂いたものですが、スペイン産でとっても味に深みがあります

他の食材は普通にスーパーに売っているものです

トマトも大分安くなりました

今回のトマトは糖度が高いフルーツトマトなので、そのまま食べてもとっても美味しんですよ

f:id:yosukezan1977:20180415212918j:image

ルッコラも水洗いして水気を切って、一口サイズに手でカットしておきます

野菜を水洗いする時はOXOのサラダスピナーが便利です 

f:id:yosukezan1977:20180415212936j:image

盛り付けもインスタ映えを狙います

そんな食欲が無い時のおつまみでしたが、結構ボリューミーになっちゃいましたね

生ハムとチーズはやはりボリューム感が高いです

 

バゲットに 生ハムとチーズを乗っけて食べたら、ワインが止まらなくなりました

ルッコラとトマトも瑞々しくてとっても食べやすかったですね

 

レタスもシャキシャキしてて、お腹が空いてないのにドンドン食べれちゃいました

最後に

本日のブログは半分以上村田諒太チャンピオンの話題になりましたが、そんなテレビ番組を視聴する時の食事として、皆さんの参考になればと思います

 

お皿のデザインにも気をつければ、スポーツバーで食べるおつまみとしてもイケるかもしれませんね

 

あと、クラッカーやクリームチーズもいいと思います

まさにパーティー食と言っても過言ではない

 

火を使わない簡単レシピなので、すぐに出来ると思いますよ

 

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。