男子厨房に入り浸る 〜料理や調理器具などの紹介〜

アラフォー男子の料理日記。料理や調理器具なども紹介してます。

簡単中華あんかけレシピ❗牛肉とカブで超絶美味い一品料理に

こんにちは、yosukezanです。

 

牛肉とカブの中華あんかけ、炒めて煮てトロミをつければ簡単絶品料理に大変身

 

買ってきた食材と冷蔵庫に残っている食材を集めて作りました。

あんかけにしときゃ、何でも旨い!?

 

 

レシピ(3〜4人前)

  • ステーキ用牛肉200g(赤身肉、細切りにカット)
  • カブ1個(イチョウ切り、葉っぱは一口大にカット)
  • シイタケ4個(短冊切り、茎は細かくカット)
  • マイタケお好みで

あんかけレシピ

  • 創味シャンタン小さじ1
  • 鶏ガラスープ小さじ1
  • おろしニンニク小さじ1
  • 塩ひとツマミ
  • オイスターソース小さじ2
  • 水200cc
  • コショウ少々
  • 水溶き片栗粉

カブを切ります

f:id:yosukezan1977:20171023210909j:image

 

キノコ類を下ごしらえします。

風味が落ちるので水洗いはしません。

マイタケは手でちぎって下ごしらえ終了です。

f:id:yosukezan1977:20171023210922j:image

 

食材と調味料はコチラです。

牛肉には塩とコショウを振って揉み込んでおきます。

f:id:yosukezan1977:20171023210932j:image

 

フライパンに油を敷いて牛肉を炒めます。

火力は中火(700w)で全体的に色が変わる程度まで炒めます。

f:id:yosukezan1977:20171023210943j:image

 

牛肉の色が変わったら、カブと葉っぱを入れて炒めます。

カブはうっすら透き通ってきた程度でオッケー👌

その後にキノコ類を入れて軽く炒めます。

f:id:yosukezan1977:20171023210954j:image

 

水を200cc加えて煮立たせます。

 

煮立ったら、創味シャンタン、鶏ガラスープ、塩、コショウ、おろしニンニク、オイスターソースを入れて少し煮込みます。

 

味を見ながら塩気が足りなければ塩を追加して整えていきます。

 

最後に火を止めて水溶き片栗粉を入れます。

 

弱火にしてヘラでかき混ぜながら、とろみが出てきたら出来上がり。

f:id:yosukezan1977:20171023211004j:image

 

お皿に盛り付けて完成❗

これにゴマやパセリや刻みネギを載せれば、もっと彩りよく美味しくなるかも・・・

f:id:yosukezan1977:20171023211015j:image

 

中華あんかけとサラダを一緒にしてみました。

サラダのトマトは🍅桃太郎トマトといって、甘みが強いフルーツのようなトマトです。

 

皮に少し青みが残ってて若いのかなと思ったんですが、食べるとメッチャ甘いし、値段もお手頃なので、トマト嫌いのお子さんにもオススメです。

f:id:yosukezan1977:20171023211024j:image

 

食べてみました。

カブにソースが染み込んで超絶ウマい❗

 

そして、牛肉の風味がカブと良くマッチして、ご飯にも酒にも合う絶品おかずに大変身!

 

今回使った牛肉は、スーパーで売っているステーキ用の牛赤身肉です。

 

決して高価なものではございません。

 

アメリカ産やオージービーフのことです。

 

国産肉のサシが入った高級A5ランクなんて絶対使いません、モッタイナイ!

 

そんな赤身肉でも十分に美味しい料理ができます。

 

包丁でカットする手間はかかりますが、牛の切り落とし肉より使い勝手は良いかもしれません。

 

細切りに出来ますので、チンジャオロースとかにも合いますね。

 

そしてカブです。

味が染み込んで、本当に美味いです❗

十分な旨味が出ています。

 

キノコ類です。

シイタケはダシ取りのためにも中華系には出来るだけ入れようと思ってます。

マイタケは無くても良かったんですが、余っていたことと、マイタケ風味を期待して使いました。

風味が死んでしまったので無くても良かったですね。

 

ワンポイントアドバイス

カブは火をしっかり入れると柔らかくなって味が染みます。

創味シャンタンと鶏ガラスープの素とオイスターソースで塩気が出るので、塩を足すのは最後に塩気の調整程度がいいかと思います。

 

牛肉は風味が独特で料理を選びがちですが、やっぱり美味しいですね。

鉄分が多いので特に女性にオススメですよ。

 

 マーボー鶏のレシピですよ

www.yosukezan1977.com

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。