男子厨房に入り浸る 〜料理や調理器具などの紹介〜

アラフォー男子の料理日記。料理や調理器具なども紹介してます。

旬の大根で豚バラ大根❗薄味がポイントの簡単レシピ

こんにちは、yosukezanです

f:id:yosukezan1977:20171126210435j:plain

豚バラ大根は炒めて煮込む簡単レシピ 翌日に食べると味が染みてもっと美味しいよ❗

 

冬になると旬を迎える野菜といえば大根

おでんや煮物、豚汁なんかに入れてもとっても美味しいですね

おでんの大根だけあればお酒が何杯でも飲めちゃいます

 

そんな万能食材の大根ですが、一つ難点があります

それは、デカイこと・・・

 

大鍋でおでんや煮物をいっぱい作ったり、作り置きして何日かかけて食べたり、皆さん色々と工夫されているとおもいます

 

家族が多いご家庭だとお助け食材になりますが、一人暮らしや核家族だと一度に全部は食べきれない・・・

 

今日食べる分だけ切って、後は冷蔵庫に保存になるかと思いますが、結局余しちゃって処分・・・ということもしばしば

 

ウチも出来るだけ使い切るようにしてますが、レパートリーは多いほうがいいと思い本日のレシピとなりました

 

豚バラ大根の簡単レシピ(2〜3人前)

  • 豚バラ200〜300g
  • 大根10cmくらい(1cmのイチョウ切りにカット)
  • ショウガ1片(薄くスライス)
  • ネギの青い部分(ミジン切り)
  • 麺つゆ100cc
  • 水100cc

 

ちゃちゃっと作って行きまっしょい❗

本日はレミパンの登場でございますよ

f:id:yosukezan1977:20171126210231j:image

 

炒めます

まずは豚バラを油で炒めます

豚バラは脂分が多いのでサラダ油は少なめで大丈夫です

火力は中火(700w)ですね

f:id:yosukezan1977:20171126210244j:image

 

ある程度火が通ったら大根を投入します

f:id:yosukezan1977:20171126210257j:image

 

大根がうっすら透き通ってくるまで炒めます

あとで煮込みますが、大根に油をコーティングするように炒めるイメージです

f:id:yosukezan1977:20171126210315j:image

 

大根に軽く火が通ったらショウガと麺つゆを加えます

f:id:yosukezan1977:20171126210327j:image

 

水も加えます

f:id:yosukezan1977:20171126210339j:image

 

煮込みます

水と麺つゆは1対1の割合にしました

濃い目が好きな方はもう少し麺つゆを加えてもいいですが、煮込んでから翌日に食べるとちょうどいい塩加減になりますので、気をつけてね

 

中火で一旦煮立たせます

f:id:yosukezan1977:20171126210409j:image

 

落し蓋をしましょ

煮立ったらアルミホイルの真ん中に穴を開けて落し蓋にします

 

レミパンは蓋の真ん中に穴が開いてるんですが、煮物を作る時にはやっぱり落し蓋のほうがうまくいきます

 

弱火(300w〜400wかそれ以下)にしてコトコト煮込んでいきましょう

今回は10分くらい煮込みました

f:id:yosukezan1977:20171126210426j:image

完成です

器に盛り付けてネギを散らしました

大根にも汁が染みているように見えます

器と豚バラ大根とネギのコントラストが良くて見た目が映えますね

f:id:yosukezan1977:20171126210435j:image

 

調子にのってアップにしました

うん、しっかりと汁が染み込んでる

豚バラの脂部分もとっても美味しそうに光ってます

切れていないネギがあるのはご愛嬌で😁

f:id:yosukezan1977:20171126210444j:image

 

食べました

大根に麺つゆがしっかりと染みてて、豚バラの脂分と絶妙にマッチして

美味し〜い❗豚バラ大根❗

 

とっても優しい味😋

麺つゆと水を1対1にしたら塩加減が抑えられて、食材の旨味がググっと引き立ちました

 

一旦冷蔵庫とかで冷やしてからまた温め直すと、味がもっと染みて本当に美味しくなります

 

ですので煮物を作る時は薄味にするのが鉄板ですね(私の場合は特に)

 

今回のレシピは麺つゆと水とショウガのみの味付けでしたのでとっても簡単

 

これに砂糖や白だしを加えるとまた味わい深くなりますが、味が濃くなる危険性もあります

 

味付けするときの注意点

  • 味を足す場合は少しづつ様子を見ながら、必ず味見をしながらにすると成功します
  • 塩加減のリカバリーはなかなか難しいので、こんな感じで料理をすると美味しくなりますよ❗

 

 

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

www.yosukezan1977.com

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。