男子厨房に入り浸る 〜料理や調理器具などの紹介〜

アラフォー男子の料理日記。料理や調理器具なども紹介してます。

塩麹鍋のレシピ❗人気の発酵食品、塩麹でデトックス効果

こんにちは、yosukezanです。

 

鶏もも肉とレタスの塩麹鍋レシピ。人気の発酵食品、塩麹でデトックス効果もバツグン❗

 

私が秋から冬にかけて、日本人で良かったな〜と思う時、それは鍋を食べている時です。

 

今年は、きりたんぽ鍋から始まり、水炊き、豆乳鍋と、だんだん鍋の頻度が高くなってきました。

 

これから寒くなって雪が降ってくると、なおさら鍋が欠かせません。

 

鍋を作る時には、材料と水と鍋とタレがあれば大概大丈夫です。

 

面倒くさい時は市販の鍋の素を使えば、もっと簡単にできますね。

 

ウチでも鍋の素は使いますが、実は一種類しか使いません。

 

その鍋の素は「エバラ 坦々ごま鍋の素」の瓶タイプ。

 

なぜなら、味が好きなのと自分で再現するのが難しいからです。

 

坦々ごま鍋の素は、レシピよりも少し濃い目にすることと、お酒を少し加えること、ひき肉に合挽肉を使用すること、この3点でもっと美味しくなります。

 

シメのラーメンまで楽しめる我が家でブッチギリ1軍スタメンの鍋の素です。

 

坦々ごま鍋は今度紹介するとして、市販の鍋の素は本当にありがたく、新しいのが出るとちょっと試したりしますが、なかなかリピートには繋がりませんね。

 

じゃあ、最初から自分で作っちゃいましょうね。

 

 

鶏もも肉とレタスの塩麹鍋レシピ(2人分)

具材
  • 鶏もも肉250g(一口大にカット)
  • 豆腐半丁(一口大にカット)
  • シメジ1パック
  • 長ネギ1本(斜めにカット)
  • レタス6枚くらい(5cm幅に手でちぎる)
  • 大根適量(イチョウ切り)
鍋のレシピ
  • 昆布
  • 水600cc
  • 塩麹大さじ3
  • 塩小さじ1
  • おろしショウガ小さじ2
  • レモン汁

 

土鍋に水と昆布と大根を入れます。

 

この状態で火にかけて沸騰させていきます。

f:id:yosukezan1977:20171112213450j:image

 

具材の写真はコチラ

 

鶏もも肉は包丁でカットしましたが、火が通りやすいように包丁の先でチョンチョンと切れ込みをいれてあります。

f:id:yosukezan1977:20171112213503j:image

 

今回使った塩麹です。

 

塩麹はモノによっては塩加減が全然違うので、必ず舌で確かめて、少しづつ鍋に加えるようにして下さい。

 

しょっぱくなり過ぎたらダメですよ!

f:id:yosukezan1977:20171112213527j:image

 

沸騰してきました。

 

大根も透き通ってきましたね。

f:id:yosukezan1977:20171112213539j:image

 

ここで塩麹を加えます。

 

味見をして塩気が足りなければ塩を入れればいいんですが、お椀に取り分けた時に、レモン・岩塩・ゴマ・ラー油などをお好みで入れるのが私のオススメです。

f:id:yosukezan1977:20171112213609j:image

 

鶏もも肉を加えます。

 

火が通りやすいように少し切れ込みを入れてますので、食べる時は柔らかくなっているはずです。

f:id:yosukezan1977:20171112213626j:image

 

具材を入れていきます。

f:id:yosukezan1977:20171112213640j:image

 

最後にレタスを乗せます。

 

レタスは生でも食べれますが、適度に火を通すことでシャキッと食べれます。

 

鍋なんで、クタッとなっちゃいますが美味しいですよ。

f:id:yosukezan1977:20171112213706j:image

 

出来上がり。

 

レタスが瑞々しくてとても美味しそうです。

f:id:yosukezan1977:20171112213722j:image

 

食べてみました。

 

塩麹の適度な塩気で、野菜もお肉もとっても美味しい❗

 

岩塩とレモン汁を少々足したら、味が引き締まって

 

超ウマいんですけどーーー❗❗❗

f:id:yosukezan1977:20171112213734j:image

 

大根もしっかり火が通って、熱々状態で食べれました。

 

絶対にダチョウ倶楽部さんのおでんネタには使えない温度です😆

 

レタスも本当に味が染みて美味しいです。

 

塩麹は今まで使ったことが無かったんですが、塩分だけじゃなくてしっかりコクがでることと、甘みもあるので鍋と相性がすごくいいですね。

 

分量がわからないと入れすぎてしょっぱくなりますので、しっかりと味見しながら調整することが大事だと思います。

 

デトックス効果がバツグン

手軽に取れる発酵食品の塩麹ですが、栄養分や効能もすごく豊富で、特に消化酵素が豊富にあるので翌日のお通じにも好影響を与えます

 

これからは塩の代わりに積極的に使ってみたいですね。

 

前にとあるイベントで、鶏胸肉を塩麹に4日ほど漬けて、フライパンで焼くという料理をみました。とても簡単にできて美味しそうでしたので、今度作ってみようかなと思いました。

 

問題は、塩麹でお肉が漬かり終わるまで我慢ができるかどうか・・・

 

もう、すぐに食べたら、ダメよ〜ダメダメェ❗ 

f:id:yosukezan1977:20171114000548j:plain

引用元 https://matome.naver.jp/

 日本エレキテル連合さんです。

この狂気的な佇まいとぶっ飛んだキャラが結構好きです。

劇場とかでてるのかな・・・

 

今回の塩麹とは別に、秋田の超有名店の安藤醸造さんの寒麹も買いましたので、後日紹介したいと思います、お楽しみに!

 

秋田といえば、きりたんぽ鍋

www.yosukezan1977.com

 ワタリガニの出汁は最強なのだ!

www.yosukezan1977.com

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。