男子厨房に入り浸る 〜料理や調理器具などの紹介〜

アラフォー男子の料理日記。料理や調理器具なども紹介してます。

豚肉とナスとピーマンの味噌炒め❗️ひやおろしと共に

こんにちは、yosukezanです。

 

 

豚肉とナスとピーマンの味噌炒め

いたって普通のおかずですが、せっかく作ったのでご紹介したいと思います。

 

f:id:yosukezan1977:20170919233842j:image

レシピ

  • 豚肉200g
  • ナス1本(一口大にカット)
  • ピーマン3個(2cmくらいにカット)
  • 卵黄1個

味噌ダレ(事前に混ぜときます)

  • 味噌大さじ1
  • 日本酒大さじ1
  • みりん大さじ1
  • 豆板醤大さじ1
  • おろしニンニク小さじ1

作り方です

  1. まずはフライパンで豚肉を炒めます。しっかり火を通してください。
  2. 豚肉に火が通ったらナスとピーマンを入れてさらに炒めます。
  3. ナスに火が通ったら、味噌ダレを加えて全体にタレがまとわりつくように炒めます。両手にヘラやレードルを持って、鉄板焼きをするように混ぜ合わせると、うまく出来ると思いますよ。
  4. 出来たら器に盛りつけて、卵黄を添えてゴマを振れば出来上がり。

 

ビール🍻ハイボール、日本酒🍶にバツグンに相性の良い絶品おかずの出来上がり。

もちろんご飯にもバッチリ合います。

 

お酒のおつまみって、塩気がしっかりあるのが多いので、ご飯にも合うのが多いんですよね。

 

子供のころ酒のツマミが好きな子は、将来酒飲みになるって聞いたことがあったんですが、おつまみ系が大好きで良く食べてた記憶があります。

 

やっぱり、お酒が大好きな大人になってしまいました(^_^;)

当たるもんですね…

 

日本酒の紹介 〜飛良泉本舗〜

ところで秋口からはひやおろしの季節です。

 

写真のお酒は、秋田県にかほ市にある飛良泉本舗(ひらいずみほんぽ)のお酒です。

 

飛良泉は1487年創業で、とても歴史の深い蔵なんですが、秋田の酒には珍しく辛口でスッキリした飲み口なんです。

 

最近の秋田の酒も辛口が増えてきましたが、飛良泉は昔からずっと変わらず辛口ですね。

 

秋田はどっちかというと甘いお酒や旨味の強いお酒が多いです。

 

以前、灘のお酒や広島のお酒を飲む機会があったんですが、料理を邪魔しないキリッとした味わいのお酒が多かった気がします。

 

秋田のお酒はそれ単体で主張できる旨味の強さが特徴ですが、飛良泉はそれとは一線を画していて、甘みや旨味を抑えて料理に合わせやすい飲みくちで、東京方面で人気があるそうです。

 

秋田県内ではNEXT5や由利本荘市の雪の茅舎など、杜氏の皆さんの努力により美味しい日本酒を研究開発して売上を伸ばす蔵が最近多く、秋田の経済にも良い影響が出ているのかなと思いますが、飛良泉はおそらく以前から大きく作り方を変えていないのではないかと思います。

 

最近の日本酒ブームを引っ張る新進気鋭の若手杜氏とスタイルを変えずにそこに居続ける蔵と、なんだか個性豊かで楽しいですね。

 

秋田市内の酒屋さんでも以前は焼酎メインでしたが日本酒メインに切り替えたお店もありますし、この日本酒ブームは一過性のものではないと確信しています。

 

有名な蔵でなくとも美味しい日本酒を作る蔵は数多くありますので、秋田にお越しの際はぜひお土産に日本酒を購入されてみてはいかがでしょうか?

 

オススメの酒屋さん すがきゅう商店

秋田駅前にあります。酒の種類が豊富でウンチク豊富な店長さんが皆さまのお越しをおまちしていますよ!

お店の情報はコチラから

飲める店・買える店│秋田県酒造協同組合

 

コチラの記事もどうぞ

www.yosukezan1977.com

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。