男子厨房に入り浸る 〜料理や調理器具などの紹介〜

アラフォー男子の料理日記。料理や調理器具なども紹介してます。

お手入れ簡単❗️IHクッキングヒーター

こんにちは、yosukezanです。

 

 

 IHorガス

皆さんのキッチンではどんな熱源を使ってますか?

都市ガス?プロパン?電気?

 

ウチはIHクッキングヒーターです。

電気使ってます・・・

 

料理といえばガスでした

実家は都市ガスで、料理といえばガスというイメージでした。

外出するときは「ガスの元栓閉めたーーー?」という母親の声が良く聞こえていたものです。

その後、社会に出て結婚して初めて暮らしたアパートがIHクッキングヒーターでした。

一応、ガスと電気の両方を使った経験があるので、お互いのメリットやデメリットなどを、私のわかる範囲でお伝えしようと思います。

 

ガスのメリット
  • 火を見て火力調節できる。火加減の調節がしやすい。
  • 多くの世帯で普及しているので、ガスコンロ自体が安い。
  • アパートとかでは自分で購入したコンロを持ち込むが設置が簡単。
  • フライパンや鍋など、素材を問わず多くの調理器具を使用できる。
  • 火力が強い(プロパン)
  • ランニングコストが低め(都市ガス)

 

ガスのデメリット
  • 五徳の掃除が大変。
  • 火を扱うので火災の危険性がある。
  • ガスの元栓の閉め忘れで火災の危険性がある。
  • 水蒸気による上昇気流が発生するので換気扇が汚れやすい。
  • フライパンや鍋が直火にあたるので、劣化しやすい。
  • 供給されるガスの値段が変わりやすい。
  • ランニングコストが高くなる傾向。

 

IHクッキングヒーターのメリット
  • 天板がフラットなので掃除がラクで簡単
  • コンロ使いながらも天板に物が置ける。
  • 熱伝導効率が高く火力が強い。ガスよりも早くお湯が湧く。
  • 水蒸気が発生しにくく、換気扇が汚れにくい。ウチの場合は換気扇掃除は年1回くらいでも十分。
  • 火力が強いので調理が早い。結果してランニングコストが低い
  • 火を使わないので火災の危険性が少ない
  • オイルを霧吹きして使える。
  • 長時間使っていると自動的にスイッチが切れる安全性能が付いている(機器による)
  • タイマーがついていて、放っておけば煮込みが出来てる。

 

IHクッキングヒーターのデメリット
  • IHクッキングヒーター自体の値段が高い。
  • 設置するには200V電源が必要。無ければ設置工事が必要。
  • 故障したときの修理費用が高い。※販売店によってはリース契約もあるので、リース期間中は無償。
  • アルミなど使えない調理器具がある。
  • アパートとか賃貸物件では使えないところが多い。

 

色々と挙げてみましたが、ちょっとこちらをご覧ください。

 

IHの天板を掃除しました

 先日、IHの天板が汚れてたので掃除した写真です。

クリームクレンザーを垂らします。

f:id:yosukezan1977:20170910093558j:image

アルミホイル(ラップでも可)を丸めてゴシゴシ

f:id:yosukezan1977:20170910093612j:image

拭き取り後

f:id:yosukezan1977:20170910093621j:image

大体10分くらいでフィニッシュです。

キレイになりました!

 

IHは何年使っているのか?

住宅購入を機にIHを買って8年くらい使ってますが、ピッカピカです。

一度だけコンロが故障しましたが、それ以外は問題無く頑張ってくれてます。

天板も丈夫で、思いっきりフライパンとかをぶつけなければ割れたりしません、やったことありませんが・・・

 

IHを使ったこと無い人に言わせると、中華料理とか強い火力で料理するときに使いにくいらしいですが、普通に鍋振りできますし、両手にヘラを持って食材をかき混ぜるとちゃんと火が通ります。工夫次第で全然問題ないです。

それよりも、中華料理を食べるならお店に行ったほうが全然美味しいですし、毎日使う調理器具なので、清潔感とか使いやすさとかランニングコストとか、重要なのはそんなとこなのかなと自分なりに思います。

 

一度使うと、ちょっとガスには戻れないかな・・・と思わせる調理器具です。

 

リフォームや新築の機会にいかがですか?

 

購入する時のワンポイントアドバイス

購入する際には、事前に電気工事店や販売店に工事の相談をすることをオススメします。

買っても設置できなかったなんてことが無いように、気をつけてくださいね。

 

工事の必要が無い100Vの卓上タイプはコチラ

 

 

ではまた・・・